しわ

最近、眉間にシワがよるようになってきた。

眉間にシワというと、
酸いも甘いも噛み分けた、
苦味のある男のセクシーと相場が決まってるものだけど、
なんだか自分のはセクシーではない。
歳をとった感じで、とても寂しいものだった。

でも、通勤途中、
ふと歩いてたブルドッグの
シワの寄り方を見て、
元気が出てきた。

ああ、こんなに可愛くシワを寄らせられるなんて!

よし、おれもこの方向で!
無理は承知でも、挑んでみたい。
厄年前の最後の挑戦だ。
[PR]

# by sobokuinu | 2010-02-07 17:55 | あら?ステキ!

コーヒー

ちょい前から、仕事場で、
洒落っ気出してコーヒーを飲むようになった。

だが、飲み始めて数日。

なんだか、
胃がムカムカ痛みはじめるようになった。

いそいで中止。

するとどうでしょう。
胃はスッキリ、頬は高揚し、
肌はノリカハリ。
輝ける人生をスローステップで踊るような、
そんな軽やかな気分になってしまった。

ああ、洒落っ気を出したばっかりに。。。
コーヒーは、まだまだ、
自分には早すぎる。

早くコーヒーの似合う、
たしなみをもった大人になれますように。
[PR]

# by sobokuinu | 2010-02-07 17:46 | 倉庫

車買うたー!



マーチを買うた!
うれしさで、つい、
おれ、営業マン、所長の三人で、
亀田3兄弟歩きをしてしまった。
男、それも、呆れるほどの祭り好きな男というものは、
えてして、そういう行動に出ることもある。
それが、
「男の真ん中で居たい」
ということなのである。

ほんで、俺の歌、きいたってや~!
と言いながらエンジンをブオンとかけ、
子リスのように帰ってきた。
帰り際、今まで乗ってきたロードスターを思い返しては、
わんわん泣きじゃくったけど、
涙が枯れる頃にはもう笑顔。
ハーキュキュ
ハーキュキュと、車体を宝石のように磨いてしまった。

大満足。

さっそく日光をドライブ。
当日は紅葉と雪が入り混じった、
素敵な空間だった。
[PR]

# by sobokuinu | 2010-02-01 15:48 | 趣味

iPhoneでパチリ



らふと 工房の風より
[PR]

# by sobokuinu | 2010-02-01 15:47 | あら?ステキ!

ハリーポッターと謎のプリンス

ちょっと小粋に、嫁さんと、
バーベキュー&お酒などひっかけて、
ハリーポッターと謎のプリンスを見に行った。

場所は、埼玉浦和御園ワーナーマイカルシネマズ。

まずは、NO MORE 映画泥棒のくねくねダンスの時間だ。
「なんて、スムーズな動きなんだ」
「CGだ!CGに違いない」
さすがに、後に”ハリーポッターと謎のプリンス”がひかえてるとなると、
NO MORE 映画泥棒のくねくねの人も、
いつもより力がはいるのも無理はない。

ダンスがひととおり終わると、いよいよ上映開始。
肘掛をつかむ手にも力が入る。

あやしげな雰囲気、ドラゴ!きみはどこへいくんだ!
ロン、はしゃぎすぎだろ!
すっかりハリー気分だ。
ストーリーは壊れた暴走列車のように進む進む。
そうしてある場面で、一人で、うわっ!と驚いていたら、
横の嫁さんが「ん~?」
すっかり寝てたらしい。

寝てたんかい!あーいまは、ダンブルダンブル。
ダンブルドアの危機の最中、目を離すことは、
ポッタニアンとして恥ずべき行動。
しかとこの曇りなき眼(まなこ)で、見定めねば。

ようやくダンブルドアの危機がおちついたところで、
腹に激痛が走った。
「どうしたの?」横で心配する嫁さん。
「、、、つ、、、、さっきのバイキングで食いすぎた!」
ダンブルの次は、おれの危機の到来である。
いそいでトイレに駆け込み、こもり、苦しみ、そして解放されてきた。
もどってきたときには、映画はもう終盤。
あれ、いつの間に、この子とこの子は、くっついたんだ?
何がなんだか分からないうちに終わってしまった。

なんだか分からないが、ただ、
次回も見逃せない映画だなとおもった。

a0021476_16302822.jpg

すっかりたくましくなったハリー。
恋に魔法に、まだまだハリーの冒険は続く。

NO MORE 映画泥棒
[PR]

# by sobokuinu | 2009-08-27 16:31 | 映画